車査定オンライン|愛車の査定相場をネットで調べる方法はコレ!

車査定オンライン|愛車の査定相場をネットで調べる方法はコレ!

査定額を調べる方法

 

車の査定相場はネット上にはない

 

愛車の査定価格をインターネットや雑誌で調べてみても、最新の車の査定相場は掲載されてはいません。なぜなら、車の査定相場は、毎日のように全国のオークション会場で行われている、オークションの売買金額によって決まっているからです。

 

当然オークションの売買金額は日々変化しますので、そのデータを毎日更新して掲載しているサイトがないのです。それに査定相場を一般ユーザーに知らしめると、せっかくの利益が吹き飛んでしまう可能性もあります。

 

でも、できればネットで簡単に愛車の査定金額を知りたいですよね、ネットオンラインで車の査定を依頼するにはどうすれば良いのでしょうか。

 

 

オススメのオンライン査定の方法

 

オンラインで査定を申し込むには、いくつかの方法があります。一括見積りを依頼できるサイトを使う方法や、買取専門店が運営しているサイトに依頼する、などです。

 

複数の一括見積りサービスの利用を勧めているサイトも多くありますが、やみくもに一括査定に申し込んでも、たくさんの業者から連絡が一斉にに入ったりするので、お使いになるサイトを選ぶ事も大切です。

 

人気の車種であれば、1回の入力で10社近くのお店から「実車を見せてほしい」という電話が一斉になります。

 

 

まずは、愛車の査定相場を知る

 

買取業者の運営するサイトで申し込んでみても、その査定額が妥当かどうか、この時点ではまだ判断ができないですよね。他の業者と比較できないですから。

 

ですので、まずは愛車の査定相場を知ることから始めましょう。

 

 

正確な見積りは、実車を見ないと査定できない

 

オンラインで査定を申し込んでも、ここまでで概算金額は分かりますが、正確な金額の提示となると、実際に実車を見てみないと各買取り業者も最終金額の提示はしてくれません。

 

実際の車にキズや凹みがありかもしれませんし、シートや車内の汚れも気になるところです。ましてや事故歴があって車の骨格部分の修復歴があると、業者も販売する時には値段を下げざるを得ません。

 

ですので正式な査定金額は、オンラインだけでは分からないのが実情です。

 

 

査定と走行距離の関係

 

車の査定額に走行距離はどのぐらい影響を与えているのだろう・・。こう考えるのは自然なことです。

 

なぜなら、車の劣化状況は車の走行距離に比例するとも言われているからです。ただし、どのぐらい査定額に影響を与えているかといえば、はっきりと線引きできないのもまた事実です。

 

実際のところ、走行距離が車の査定額に与える影響は今なお明確になっていませんが、一般的には車種を問わず10万キロを超えると価値が大幅に下がるといわれています。

 

むしろ、10キロ以上走った車は買取を拒否されるケースもあるほどです。したがって、買取を考えるうえでは10万キロを一つの目安にすることができます。

 

 

一方、車の査定業者は走行距離以外のところもしっかり見て判断します。

 

例えば、年式、エンジンの調子、人気や流行、事故歴、修復歴、カスタムなどです。こうした一つ一つの要素も車の価値を決めるうえで大きな影響を及ぼしているため、走行距離が長いだけでただちに査定額が落ちるわけではありません。

 

むしろ、走行距離が短いにも関わらず、不具合や欠陥がおおいために買取額が下がる場合もあります。一方、走行距離はかなりいっているにも関わらず、エンジンの調子のよさやカスタムが評価されて、思った以上に査定額が伸びる車もあります。

 

このように、車査定は複合的にいろいろな要素を考えて行われるため、走行距離一つで査定額が決定づけられるようなことはないと考えていいでしょう。

 

場合によっては、走行距離20万キロでも買取されますし、走行距離10万キロ以下でも買取されないこともあります。あるいは、査定額においても、走行距離20万キロの車が、走行距離5万キロの車より値が付くということもありえます。

 

走行距離が車査定に与える影響は、少なからずあるものの、それ一つで査定額が決まったしまうほどではない。このような見方を持っておくといいでしょう。

 

とはいえ、車を買う側からすると、走行距離を気にしながら車を選ぶのもまた事実です。このこともまた頭に入れておきましょう。

 

車査定サプリ