車を売るなら買取店とディーラー下取り、どちらが査定が高いのか

車を売るなら買取店とディーラー下取り、どちらが査定が高いのか

車を売るとき、次のことで迷ってしまう人もいるかもしれません。それは、買取店とディーラーのどちらで査定を受けるか、という問題です。

 

金銭的なメリットを考慮しなければ、どちらか近いほうに依頼すれば便利なのかもしれませんが、買取金額のことを考えると、そう簡単に便利さだけで決めることはできません。

 

なぜなら、どちらを選ぶかによって、買取金額に大きな差が出てくる可能性があるからです。

 

では、どちらで売ったほうが査定は高いのかというと、一般的にはディーラーよりも買取店で売ったほうが査定は高いといわれています。

 

これはどうしてなのかについて、考えることはとても重要です。

 

まず、買取店の特徴について認識しておきましょう。

 

買取店というのは、単に車の買取ができるだけでなく、買った車をどこか別のところに転売したり、自ら販売したりするということを行っています。

 

さらに、買取する車は基本的にメーカーや車種を問わず、いろんな車を買取しています。

 

特定のメーカーだけにこだわらず、幅広くいろんなものを買取し、それを転売したり販売する会社、これが買取店の特徴です。

 

一方、ディーラーの特徴は、系列の会社の車にとても詳しく、その買取査定と転売については得意としているものの、系列じゃない会社の車については、それを査定したり転売することに慣れていません。

 

というのも、ディーラーはもともと車を買取することを目的に立ち上げられた会社ではなく、系列メーカーの車を売ることを目的に作られた販売会社だからです。

 

買取店とディーラーでは、このような特徴の違いがあります。

 

さて、このような特徴の違いを見ていくと、どちらのほうで査定が高くなるかは明らかです。

 

ずばり、買取店のほうが査定は高くなります。

 

理由は、買取店のほうがいろんな車種の査定を行っているので、買取に関する経験とノウハウがあり、車を正確に評価することができること。

 

そして、買取った車を転売することに力を入れているので、全国にネットワークがあり、買取った車をディーラーよりも素早く転売しやすいことです。

 

買い取ってもそれを転売できない会社は、在庫になることを恐れて高く買い取ることができませんが、すぐに転売できるスキルを持っているところなら、相対的に高く買い取りすることができます。